目の下のクマを消し去ろう|輝く視線を手に入れる

病院で相談しましょう

看護士

複数種類があります

目の下にクマができると、年齢より老けて見られたり、疲れているように見えたりします。女性なら誰もができるだけ目の下にクマを作りたくないですね。また、クマは目の下にだけできるのではないので、見過ごしたりしがちですが、老化のせいにしたりしないで注意しましょう。それではクマはどのようにしてできるのでしょうか。その原因を考えていきましょう。クマにはいろいろな種類があります。茶グマや青グマ、黒グマです。それぞれに原因は違います。茶グマは色素沈着などが主な原因です。眼をこすったり、紫外線からダメージを受けることで色素沈着が起こります。また、マスカラが落としきれなかったり、化粧品がかぶれたりアトピー性皮膚炎や乾燥による場合もあります。

原因もいろいろあります

青グマは主に血行不良などで起こります。それには、冷えや睡眠不足やホルモンバランスが乱れたり、ストレスがたまったり、眼の疲れや生活習慣が引き起こすと考えられています。現代では、パソコンやスマホを使う人が多くなったので、その影響も大きく、血流を滞らせる一つの原因となっています。また、黒グマは、たるみや皮膚がへこむことが主な原因と言われています。眼の周りの脂肪が生まれつき少なかったり、加齢で脂肪が萎縮したり、また皮膚のへこみが目立って影ができることが要因になることもあります。それぞれの種類によって対処法が違ってきます。また、目の下のクマは何かの病気の可能性もあります。自分で判断しないで、病院で専門医に相談するのが一番でしょう。